ブラック融資

「消費者金融審査甘い」は本当か!?

急にまとまったお金がどうしても必要になった。今月急な出費が重なり、どうしても生活をしていくのが苦しくなった。そんな経験をされている方いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方のために世の中にはキャッシングというお金を借りることができる制度がありますね。最近テレビを見ていると消費者金融のキャッシングに関するCMをよく目にします。また、駅に貼ってるあるポスター等でもキャッシングに関するものを見ます。「誰でも」「最高限度額〜万円」と謳い文句が書かれてしますが、そんな簡単に誰でもお金を借りられるができるのでしょうか。お金を借りたかったら〜消費者金融の審査は甘いという情報がネット上では出回っているようですが、そんなわけありません。常識的に考えて信用も無い人にお金を貸す人なんていません。どんな消費者金融だって過去に延滞履歴のある人や自己破産をしてしまった人に対し、お金を貸したくなんてありません。審査の際には必ずその人がどのような人なのかという部分を最重要視します。職の有無、年収、過去の経歴、保証人等々。キャッシングの際は消費者金融も相応のリスクを背負うため、慎重に判定を下します。もちろん一般のキャッシング会社よりも銀行系のほうが審査が厳しいという事実はあるかもしれません。しかし、だからといって誰でもいくらでも借りることができるという情報は間違いです。キャッシングをする際は、一度申し込んで審査に落ちると信用情報に傷がつきます。消費者金融系の信用情報についてはその後5年間は残ることになりますので、審査が甘いという情報に乗せられてむやみにキャッシングを申し込んでも逆効果です。キャッシングの申込みはくれぐれも慎重に。
ブラック借入

消費者金融審査甘い条件を考慮して選ぶ

お金を借りる際には審査がありますが、この審査は金融会社によって基準値が異なります。この審査の基準や検討する内容についての詳細を金融会社が公開する事はありませんが、これまでの実績などから考察していき、なかなか審査が通過しにくい消費者金融会社、反対に消費者金融審査甘い会社の傾向が分かってきます。

 

現在の収入や、これまでの借入額、そして真面目に返済できた実績が考慮されて、審査されると予想されますが、過去の審査を通過した方々の実績を照らし合わせてみると、それぞれの金融会社の傾向が見えてきます。

 

何件か審査をしてみて通らなかった方も、審査の甘いと言われる比較的信用の厚い消費者金融へ依頼する事で、借り入れできる可能性があります。

 

消費者金融は大きなグループ企業であることも多いので、大元の企業の経営理念なども審査に影響があります。これまで審査を受けてみた金融会社と関連していない会社である場合には、期待が持てます。

 

最も大事なのは、数カ所審査が通らなかったからと諦める事です。審査に通らない線引きは企業によって異なるため、自分で「絶対に通らない」と諦めてしまうと、わずかに残っている可能性を放棄してしまう事になります。

 

個人融資は審査も甘い?

ホーム RSS購読 サイトマップ